ニキビ治療の方法はどんなものがある?

セルフスキンケアで改善しない時は美容皮膚科に頼ろう

ニキビがあるとメイクも上手くできないうえ、不潔な印象も与えてしまいがちですよね。しかし、セルフのスキンケアでは改善しないことが多いため、長引くようなら美容皮膚科で本格的な治療を受けるのが賢明です。
美容皮膚科で受けられるニキビ治療は、保険が適用される施術とされない施術があります。
保険が適用される施術は、薬の処方と面皰圧出です。薬は、ニキビの種類のよって処方される薬も異なり、飲み薬と塗り薬があります。面皰圧出は、特別な器具を使って毛穴に詰まっている皮脂や角質を取り除く方法です。肌にダメージを与えず、ニキビを潰すことができます。これらは、保険が適用されるので比較的安い費用で治療できるのが特徴で、誰もが利用しやすい治療法となります。

ケミカルピーリングやフォトフェイシャルは保険が適用できない

保険が適用されない方法としては、ケミカルピーリングとフォトフェイシャルがあります。ケミカルピーリングは、フルーツ酸などを肌に塗って古い角質を除去し、皮膚の生まれ変わりを促す治療です。フォトフェイシャルは、アクネ菌を殺菌する効果のある光を照射し、ニキビを改善する方法です。どちらも保険が効かないため、治療費は高額となります。ケミカルピーリングなら1回5000円から2万円、フォトフェイシャルなら1回3万円から6万円となります。これらの治療は、ニキビを改善するだけでなく、シミやしわを改善するなど、プラスアルファの効果もあるのが特徴です。
施術方法や費用などを総合的に判断して、自分に合う治療法を選ぶと良いでしょう。