ニキビってどういうものを言うの?

思春期ニキビと大人ニキビは違う!?

ニキビとは、主に顔にできる小さな吹き出物のことで、毛穴が脂肪でふさがれてしまったせいで脂肪が毛穴に閉じ込められ、ぷっくりと膨れ上がるのが原因です。
ニキビと一口に言っても、10代のときにできるニキビと、大人になってからできるニキビとでは、ニキビができる原因は異なります。
10代の時にできるニキビの原因のほとんどは、皮脂の過剰な分泌です。若いときはしっかり体を動かしてたくさん汗をかきますよね?すると、皮脂もたくさん分泌されます。特に、はげしい運動をしていると皮脂が過剰に分泌されやすいので、若いときのニキビは健康的な証でもあります。
その一方、大人になってからできるニキビの原因はさまざまです。不健康な食生活や睡眠不足が続いて体のリズムが狂うと、ホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなるからです。大人ニキビの原因はたくさんあるので断定するのは難しいですが、あるいは不健康の証かもしれません。

ニキビ治療にはどんな方法がある?

ニキビの治療法はいくつかあります。もっとも手軽で一般的な方法は、ニキビ専用のスキンケア化粧品を使う方法です。
ニキビができる間接的な原因はさまざまですが、直接的な原因は、毛穴が脂肪でふさがれてしまうことです。ですから、毛穴に脂肪がたまらないように肌をケアをすることで、ニキビを予防できるだけでなく、できてしまったニキビを早く治すのにも効果を期待できます。
本格的な治療を行いたい場合は、皮膚科の病院を受診するのが一般的です。ただしこの場合は、あくまで肌に原因があるとして治療がすすめられるので、ストレスなど精神的な問題が原因でニキビができている人には、あまり効果がないでしょう。皮膚科で処方してもらった薬の効果を感じられないときは、心療内科を受診した方がいいかもしれません。